FC2ブログ
NK総合建築株式会社 スタッフブログ
東京都練馬区で新築・リフォーム/設計・施工の会社、NK総合建築株式会社です。 当社の施工物件やお役立ち情報、スタッフの日々の出来事などご紹介していきます。
緊急事態宣言解除!在宅ワーク!防音工事!

みなさまこんにちは
営業企画の西です。

5/25に緊急事態宣言が解除されましたね。
とはいえウイルスが去ったわけではなく、まだワクチンや医薬品も確立できていない状況です。
まだまだ油断はできないのでお互い手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスなど気を付けていきましょうね。

弊社においても新規受付の停止や、期限の迫っていないお客様との打合せ延期などの対策を行っておりましたが今週から通常業務を再開させて頂いております。
もちろん社内外での体調管理やミーティングを必要最低限にするなど国の施策など参考に対策は継続的に行ってまいります。


さて、このウイルス禍において私たちの生活様式も変化が起きてきていますね。
リフォームのお問合せを見ても今までなかったような項目が目につきます。

例えば【防音】についての相談が増えています。
在宅勤務を取り入れ、今後も継続される企業もあるのでしょう。
ただ、宅内で【生活部】と【ワークスペース】の切り離しはなかなか難しい問題なのではないでしょうか。
特に 音 は集中力にも直結するので悩まれている方も多いようです。

防音工事となるとあまりイメージがわかないかもしれませんが、一般住宅における遮音工事(音の伝達を減らす)程度であれば
そんなに大きな金額をかけずにできることもあります。
例えば↓の資料のような1枚の壁に遮音吸音性能を持たせる程度であれば20-30万円くらいが目安となります。

防音資料


隣の部屋の子供の声が、、とか、テレビの音が気になる、、位であれば効果があると思います。

もちろん 防音室 を作る。となると話は別でやり方によっては100万~200万かかることも。
また、集合住宅での演奏や住宅密集地でのピアノ教室など 防音性能の保証 が必要な場合は400~500万円位かかることもあります。この場合はもう防音室の専門家の計画が必要となります。


お部屋はいわゆる6面体になるので全面をしっかり防音するとなると施工範囲も広くなるので大変、ということですね。
前述の間仕切り壁の遮音は1面だけなので費用も比較的安く、工期も2日程度で終わります。
防音性能のニーズに基づき どこまでやるか で予算幅の広い工事と言えます。

ちなみにリフォーム工事をご検討中の方へ、こういった防音工事は一般的なリフォーム工事と絡めて行うことをお勧め致します。
間取り変更など新しく壁を作り直すリフォームの場合、作る壁を防音材で計画してしまえば、単体で後で防音工事を行うことに比べてコストを抑えることができます。

今回のお話の在宅ワークの対策はもちろん、お子様が集中して勉強できる環境造りや、おトイレの廻り、ホームシアターで迫力のある音響を設置したい、など理由は様々です。

当社においてももちろんご対応可能なのでご希望の方は是非ご相談下さいませ!

それではまた( ̄^ ̄)ゞ






NK総合建築株式会社のHPはコチラ
スポンサーサイト



2020年ゴールデンウィークの休業のお知らせ
★2020年ゴールデンウィーク中の休業のお知らせ★

5月3日~10日まで休業とさせていただきます。

何卒よろしくお願い致します。






NK総合建築株式会社のHPはコチラ
新型コロナウイルスの建築業界への影響
みなさまこんにちは
営業企画の西です。

今年初めての投稿です。
年初から忙しくさせて頂いており、なかなか時間がとれなかった ( ノД`) いい訳

その忙しさの原因の一つはそう、日に日に被害が拡大していっているコロナウイルスです!

マスコミで日々取り上げられている衛生品(マスクやティッシュ、消毒品など)の不足などはもちろんですが、
それ以外の業界でも大きな被害損害が発生してしまっているのでしょうね、、

もちろん建築業界も他人事ではすまされません。
それこそ新築、リフォーム、ビルマンション、戸建て住宅を問わず全てのジャンルにおいて大きな問題が発生しています。

一番は一部材料の不足ですね。
不足、というより正確にいうと【受注停止】つまり【ない】ということです。
本日現在トイレ便器は国内メーカー全滅です。。
その他、キッチンや浴室も一部は停止になってしまっています。
【納期延期】など多少の遅れで済めばよいのですが、再開の目途の立たない停止はリスケ計画も立てられず本当に困ります。

ただ一番困ってしまうのはお客様なんですよね。
特にこの3~5月辺りに完成してお引渡しの多くの方に先の読めない変更が余技なくされています。

一体なぜこんな大きな影響がでてしまっているのか、、
原因は【建築材料の末端部品の多くを中国で生産している】からなんです。
ちょっと文字だけだとイメージがわかないかもしれないですね。
この図を見てください。↓
便器分解図

なんかえらいことになっていますね。
これは便器の分解図なのですが、できている姿をみてもイメージがわきませんが、
実はこんなに多くの部品が組み合わさってできているのです。
その末端部品の一部(どれくらいかはわかりませんが)が中国で生産されているんですね。
何十もある部品のうち、1つでも滞ってしまったら製品が製造できない、ということになります。

便器の大手メーカーといえばTOTOやLIXILなどが思いつきますが、
メーカーは部品を組み立てて1つの製品にして販売する、という立ち位置なんですね。
パーツ1つ1つは中国など海外の工場に依存していることが改めてよくわかりました。

ただ、みんなそれぞれの立場でこの国難を乗り越えようと頑張ってますよね!
自分も負けないようにがんばらねば。

みなさんも手洗いやうがい、人の集まるところにはいかない!
など万全の対策をして乗り切っていきましょう。

それではまた










NK総合建築株式会社のHPはコチラ
本年も皆さまありがとうございました!
こんにちは、西です。
早いもので今年もあと僅か、
この年になると本当に1年があっというまに過ぎていきます。( ノД`)

そんな中でもお客様や会社の仲間、現場で頑張ってくれる職人さんに助けられ何とか今年も無事に過ごすことができました。
みなさまに本当に感謝です。

消費増税などもありましたが、そんなことを感じさせないかのごとくリフォームのご依頼を頂けております!
来年もモットーである「1件1件丁寧に全力投球」でがんばりますのでよろしくお願いします!

一部ではありますが今年施工させて頂いたお客様の完成写真をどうぞ

みなさま生まれ変わった新居で素敵な新年をお迎えください。

今年もありがとうございました。


M様キッチンリフォーム

IMG_9701.jpg


H様マンションリフォーム

IMG_9343.jpg


N様内外装リフォーム

IMG_9724_R.jpg


O様内外装リフォーム

IMG_0947_R.jpg


K様マンションリノベーション

IMG_0536.jpg

A様キッチンリフォーム

IMG_0138.jpg


みなさまよいお年を!

NK総合建築株式会社のHPはコチラ
窓リフォームで寒い冬も快適に過ごしましょう
みなさまこんにちは
営業企画の西です( ̄^ ̄)ゞ

秋もだいぶ深まってきましたね。
読書の秋、と言いたいところですが私の今年のお楽しみはナス。
そう、ちょっと湾曲しながら濃い紫の鈍い光を放つあのナスです。
夏あたりからナスのおいしさを再認識してあの手この手で味わっております。
焼いたり漬けたり、ゆでても美味しーい♪
その中でも1番はやっぱり焼きナスですかね。
ショウガ醤油との相性は抜群でございますo(≧ω≦)o

そんな秋もそろそろ終わりを迎え寒さを感じる時期になってまいりました。
みなさま防寒対策はおすみですか?

寒さとリフォームといえば最初に考えるのが「窓」ではないでしょうか。
家を包む外壁のうち、もっとも薄くて外気の影響を受けるのが窓です。
まずはここをリフォームすることで快適さは段違いによくなるんですよ!

ただ、窓リフォームといってもいくつも種類があります。
2重サッシ(内窓)、ペアガラス交換、カバー工法、、本体交換は最終手段ですねb
今日はいくつかの窓リフォームの方法と効果を施工事例の写真を見ながらご紹介していきます!

トップバッターは2重サッシです。
内窓とか2重窓などとも呼ばれますねb
商品名でいうとLIXILのインプラスやYKKのプラマードなどが有名ですね

2重サッシA2つ目

2重窓の特徴はなんといってもコストパフォーマンスがあげられるでしょう。
窓工事は比較的高額になってしまいますが、その中でも低価格で高い断熱性防音性を発揮してくれます。

こんな大きな間口でも対応可能です!

2重サッシA

こんな大きな窓でも1カ所1時間もあれば設置できてしまいます!
マンションであれば1所帯全部の窓を工事しても半日で終わります!
この辺りの利便性も人気の秘訣ですね!

デメリットとしては窓を新たに設置するスペースが最低でも7cm以上の奥行が必要なことと、窓の出入りの際に従来の窓と合わせて2カ所の開閉をしないといけない事がありますねbお庭への掃き出し窓など、頻繁に出入りがあるところは検討が必要です。


お次はペアガラスです
ペアガラスのご紹介は施工写真ではなくてイラストでのご紹介です!
ガラスが透明なので交換した写真みても何がなんだか分からないんですよね。。(。´・(ェ)・)

スペーシア


このイラストの通りペアガラスとは従来1枚だったガラス板を2枚に分けて間に空気層を設けています。
この空気層の部分が断熱効果を発揮してくれます。
イラストは日本板硝子のスペーシアという製品です。
こちらの特徴は空気層が真空な事ですねbその為より高い断熱性が期待できます。
ちょっとコストはかかりますがしっかり断熱を期待したい方にはこちらがお勧め!

また、さらなるパワーアップでLOW-Eガラスなどの特殊ガラスもあり断熱力がさらにアップます。
UVカットなどの効果があるガラスもありますねb
この辺りは期待効果と予算のご相談という感じですねb

ペアガラスのメリットは何といっても今まで以上にスペースをとらない事があげられます。
断熱や防音効果では前にでた2重サッシが一番とよく言われますが、スペースが必要というデメリットを解決するならばこちらでしょうか。コストは選択するガラスにより少し変わりますが概ね同じくらいか少しペアガラスの方が高い位ですねb


お次は少し特殊な方法でカバー工法といいます
こちらは工事前と後で見比べてみましょう。


こちらが

カバー工法B

こうなる

カバー工法A

そうです、窓の全体交換みたいなものですねb
ただ全部交換ではないんです。
カバー工法はサッシの動く窓本体は新しくなりますが、窓を受け止めるレールや枠といった部分は撤去しないんです。
もちろん枠も新設するのですが、既存の部分は壊さずに新しい枠で上からカバーして隠す、というやり方です。
その分解体作業費や処分代がお安くなります!また工期も大幅に短縮できるのでリフォーム向けの方法なんですねo(^▽^)o

費用は今までご紹介した内窓やペアガラスより更に高く、窓リフォームの中でもかなり上位に位置する工法です。
木造ならば窓交換も容易ですが、マンションなどコンクリートの建物は交換が容易ではない為、こちらの工法が採用されることが多いですねb
枠レール事交換なので全て新品!その為動作もスムーズになり、ペアガラスにして断熱性も期待できます。
ただデメリットはカバー(かぶせる)ので通行幅が狭くなってしまうことがあげられます。左右合わせて10cm位は狭くなってしまうんですね。もともと幅が大きければよいですが、ギリギリの大きさであれば検討が必要ですねb


がんばっているのは窓だけじゃないぞ!
ということで窓以外の部分もご紹介してしまいます。

こちらは玄関ドアリフォーム

こちらが1日で

玄関ドアB

こうなった!

玄関ドアA

こちらは木製のドアを断熱アルミ製のドアに1dayリフォームしました!
先程ご紹介したカバー工法と同じ要領なので簡単にできて効果はばっちり(*´∀`人 ♪
見た目もリニューアルされてダブルキーなど防犯性も現代のものに向上します!

あとはこんなこともできるんですよ!

これは工事前

雨戸B

こうなりました!

雨戸A

そう雨戸交換もできちゃうんです!
古い1枚板タイプからルーバー羽タイプに変わりました!
もちろん雨戸本体はそのままです。
最近人気のこのルーバー雨戸は本体を閉めたままルーバーを開け閉めできるのです!
閉めたまま光を取り込んだり、通風もできるので安心快適ですね♪


ちょっと長くなってしまいましたが、窓リフォームっていろいろあるんですね!
いまお住まいの状況やご予算によってぴったりのモノをご紹介しますので是非ご相談下さい。

窓リフォームで寒い冬をのりきろう~\(^o^)/
NK総合建築株式会社のHPはコチラ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



電力使用状況&電気予報



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



カウンター