FC2ブログ
NK総合建築株式会社 スタッフブログ
東京都練馬区で新築・リフォーム/設計・施工の会社、NK総合建築株式会社です。 当社の施工物件やお役立ち情報、スタッフの日々の出来事などご紹介していきます。
窓リフォームで寒い冬も快適に過ごしましょう
みなさまこんにちは
営業企画の西です( ̄^ ̄)ゞ

秋もだいぶ深まってきましたね。
読書の秋、と言いたいところですが私の今年のお楽しみはナス。
そう、ちょっと湾曲しながら濃い紫の鈍い光を放つあのナスです。
夏あたりからナスのおいしさを再認識してあの手この手で味わっております。
焼いたり漬けたり、ゆでても美味しーい♪
その中でも1番はやっぱり焼きナスですかね。
ショウガ醤油との相性は抜群でございますo(≧ω≦)o

そんな秋もそろそろ終わりを迎え寒さを感じる時期になってまいりました。
みなさま防寒対策はおすみですか?

寒さとリフォームといえば最初に考えるのが「窓」ではないでしょうか。
家を包む外壁のうち、もっとも薄くて外気の影響を受けるのが窓です。
まずはここをリフォームすることで快適さは段違いによくなるんですよ!

ただ、窓リフォームといってもいくつも種類があります。
2重サッシ(内窓)、ペアガラス交換、カバー工法、、本体交換は最終手段ですねb
今日はいくつかの窓リフォームの方法と効果を施工事例の写真を見ながらご紹介していきます!

トップバッターは2重サッシです。
内窓とか2重窓などとも呼ばれますねb
商品名でいうとLIXILのインプラスやYKKのプラマードなどが有名ですね

2重サッシA2つ目

2重窓の特徴はなんといってもコストパフォーマンスがあげられるでしょう。
窓工事は比較的高額になってしまいますが、その中でも低価格で高い断熱性防音性を発揮してくれます。

こんな大きな間口でも対応可能です!

2重サッシA

こんな大きな窓でも1カ所1時間もあれば設置できてしまいます!
マンションであれば1所帯全部の窓を工事しても半日で終わります!
この辺りの利便性も人気の秘訣ですね!

デメリットとしては窓を新たに設置するスペースが最低でも7cm以上の奥行が必要なことと、窓の出入りの際に従来の窓と合わせて2カ所の開閉をしないといけない事がありますねbお庭への掃き出し窓など、頻繁に出入りがあるところは検討が必要です。


お次はペアガラスです
ペアガラスのご紹介は施工写真ではなくてイラストでのご紹介です!
ガラスが透明なので交換した写真みても何がなんだか分からないんですよね。。(。´・(ェ)・)

スペーシア


このイラストの通りペアガラスとは従来1枚だったガラス板を2枚に分けて間に空気層を設けています。
この空気層の部分が断熱効果を発揮してくれます。
イラストは日本板硝子のスペーシアという製品です。
こちらの特徴は空気層が真空な事ですねbその為より高い断熱性が期待できます。
ちょっとコストはかかりますがしっかり断熱を期待したい方にはこちらがお勧め!

また、さらなるパワーアップでLOW-Eガラスなどの特殊ガラスもあり断熱力がさらにアップます。
UVカットなどの効果があるガラスもありますねb
この辺りは期待効果と予算のご相談という感じですねb

ペアガラスのメリットは何といっても今まで以上にスペースをとらない事があげられます。
断熱や防音効果では前にでた2重サッシが一番とよく言われますが、スペースが必要というデメリットを解決するならばこちらでしょうか。コストは選択するガラスにより少し変わりますが概ね同じくらいか少しペアガラスの方が高い位ですねb


お次は少し特殊な方法でカバー工法といいます
こちらは工事前と後で見比べてみましょう。


こちらが

カバー工法B

こうなる

カバー工法A

そうです、窓の全体交換みたいなものですねb
ただ全部交換ではないんです。
カバー工法はサッシの動く窓本体は新しくなりますが、窓を受け止めるレールや枠といった部分は撤去しないんです。
もちろん枠も新設するのですが、既存の部分は壊さずに新しい枠で上からカバーして隠す、というやり方です。
その分解体作業費や処分代がお安くなります!また工期も大幅に短縮できるのでリフォーム向けの方法なんですねo(^▽^)o

費用は今までご紹介した内窓やペアガラスより更に高く、窓リフォームの中でもかなり上位に位置する工法です。
木造ならば窓交換も容易ですが、マンションなどコンクリートの建物は交換が容易ではない為、こちらの工法が採用されることが多いですねb
枠レール事交換なので全て新品!その為動作もスムーズになり、ペアガラスにして断熱性も期待できます。
ただデメリットはカバー(かぶせる)ので通行幅が狭くなってしまうことがあげられます。左右合わせて10cm位は狭くなってしまうんですね。もともと幅が大きければよいですが、ギリギリの大きさであれば検討が必要ですねb


がんばっているのは窓だけじゃないぞ!
ということで窓以外の部分もご紹介してしまいます。

こちらは玄関ドアリフォーム

こちらが1日で

玄関ドアB

こうなった!

玄関ドアA

こちらは木製のドアを断熱アルミ製のドアに1dayリフォームしました!
先程ご紹介したカバー工法と同じ要領なので簡単にできて効果はばっちり(*´∀`人 ♪
見た目もリニューアルされてダブルキーなど防犯性も現代のものに向上します!

あとはこんなこともできるんですよ!

これは工事前

雨戸B

こうなりました!

雨戸A

そう雨戸交換もできちゃうんです!
古い1枚板タイプからルーバー羽タイプに変わりました!
もちろん雨戸本体はそのままです。
最近人気のこのルーバー雨戸は本体を閉めたままルーバーを開け閉めできるのです!
閉めたまま光を取り込んだり、通風もできるので安心快適ですね♪


ちょっと長くなってしまいましたが、窓リフォームっていろいろあるんですね!
いまお住まいの状況やご予算によってぴったりのモノをご紹介しますので是非ご相談下さい。

窓リフォームで寒い冬をのりきろう~\(^o^)/
NK総合建築株式会社のHPはコチラ
スポンサーサイト



真夏のマンションリフォームはハードモードですね
みなさんこんにちは
西です( ̄^ ̄)ゞ

長い夏が終わったと思ったらいきなり肌寒くなってきましたねー
先日は記録的な台風で日本中で大きな被害が出てしまいました。
リフォームのお問合せもここ数日は屋根や窓に関する相談が増えています。

そんな中でラグビー日本代表が昨日やってくれましたね!
スコットランドに初めて勝って決勝トーナメント進出を決めてくれました(。>ω<。)ノ
ずっとTVで見ていたのですが特に後半の残り20分は見てるこっちの手足に力が入ってしまって、、
途中追い上げられて「なんかやな感じだなー」ってみんなが思い始めてからの粘りがすごかった!
今までのJAPANならばコロッと逆転されてしまいそうですが、なんか執念が違いましたね!
僕はにわかファンなので細かいことは分からないのですが見ててすごい楽しいですねー
決勝トーナメントでも自分たちを信じて精いっぱい頑張って下さい!
最後まで応援するぞー


さてさて今回のブログは
この夏に完成したマンションスケルトンリフォームのご紹介をさせて頂きます。
マンション1部屋の全体的な大改造です。
K様4人家族の期待いっぱいのリフォームは計画に3カ月、工事も1か月半かかりました!
この現場は私が直接管理をしていたのでまだ記憶にも新しい現場です。

最初の感想は、、
「暑かった」
になりますねー

特にマンション室内はエアコンなどの冷房機器もないので想像以上の温度になります。
監督は作業をしてくれる職人さんと相談をしたり、進行を確認したりするのが本来の役目なのですがそれだけでも大変( ノД`)
そんな中でずっと体を動かしてくれる職人さんは本当に頭があがりません。
今回もいつも通りキチっと仕上げてくれました!

今回は写真メインでのご紹介です。
コメントは一言モードで(-∀-)b

着手まえのリビングですねb
となりに和室がありますが襖の開口幅が狭く独立した印象です。

★LD

リフォーム後はこうなりました

LD (1)

うむ、一体感ありますね。広いリビングダイニングはやっぱりイイb

来客時には折れ戸を閉めることもできます!

LD (2)

白は空間を広く見せる効果があるそうです。
しっかり仕切られているのでお泊りでもストレスなさそうですb

まどにはスクリーンを付けました。

LD (3)

このブルーが今回のリフォームデザインのアクセントカラーになっています!


お次はキッチン!
まずはリフォーム前

★キッチン (1)

奥さまはこの淡いキイロが嫌いだったそうです。
そして周辺のパネルも真っ白で味気ないし、、、

リフォームで本気を出すとこうなります

キッチン

うーむ。
モデルはいいが写真が下手ですね( ノД`)
でも十分ステキさは伝わってますね!実際目の前でみると写真以上にお洒落で存在感を感じます!
壁はブルーのモザイクパネルで、隣りに設置されているリビング入口扉は特注のネイビーブルーカラーでまとめました!


どんどんいきますよー
次はお風呂!

★UB

UB.jpg

ブルーグレー系はクールに感じますが清潔感があるので浴室にもってくると素敵ですねb
水栓の下の棚は大きいですが取り外すこともできるのでお掃除もしっかり手が届きます!

次は洗面脱衣室です。
今回のリフォームの動機の一つとなった場所です。
お子様も大きくなってきて洗面室が手狭になってきました。
しかも現状の間取では洗濯機の横などに無駄なスペースがあり空間を生かし切れていません。
こちらの写真ではお伝えしきれないですが、水廻りは大きく間取を変えて最大限スペースを有効活用しました。

★脱衣

リフォーム後はこう

脱衣

写真には写っていませんが、左手前に洗濯機が納まっています!
何かと物が増える洗面脱衣室なので大き目の収納スペースも設けました。
やはり収納スペースが大きいと家事室は使い勝手が大幅によくなります。

アクセントクロスも採用しました!アクセントクロス1

アクセントクロス2

みなさまによくお話しするのですが、アクセントクロスは選ぶときに「ちょっとクセが強く感じる」くらいのモノを選んだほうがいいですb
やはり張った後の姿を事前にみれないので遠慮しがちなんですが、微妙な色や柄だと想像ほど思った通りではなかった、、
ということが多いですねb

今回もブルーの鮮やかさがよく出ていていいですね(*≧∪≦)
おトイレ柄はインパクトが強いので入って正面の壁1面だけにして正解でした!



そんなこんなでお盆の前に予定通りお渡しできて一安心。
お子様もみんな気に入ってくれて、お友達も呼んで大評判だったとのこと、
私も本当にうれしいです。頑張ってくれた職人さんにも感謝ですね(*´∀`人 ♪



最後にこころ温まる2枚のショットを

解体前、お子様が仮住まいの前に最後に書いたお部屋へのメッセージを見つけました

思い出2丸大

生まれてからずっと育ってきたお部屋への感謝のメッセージが扉いっぱいに!
普段から仲のよいご家族ですが本当に暖かい家庭ですよね(´∀`*)

家はモノではなくて家族の心を守る器なんだと改めて思った西でございました。
それではまたヾ(o´∀`o)ノ




思い出1丸2














NK総合建築株式会社のHPはコチラ
ホームプロ(大手リフォームサイト)に加盟しているんです
みなさんこんにちは
営業企画部の西です。

暑さも山場を越えてすこーしだけ涼しい(く感じる)日々がつづきますね
昨今の猛暑のことは特にスポーツを見ていると話題に上がることが多いですね。
高校野球のような夏が本番!というスポーツは見てるだけで暑くなってきてしまう。。
実際のところ10年、20年前より平均気温がかなり上がっているようです。

我々建築現場でもその実感は大きく、猛暑の中の作業は本当に大変です。
特に作業や資材搬入などをしてくれる職人さん作業員さんには本当に頭がさがります。
基本的に夏場だからといって工期が長くなるわけではないので、普段と同じ期間で仕上げなくてはいけません。
我々管理監督する立場では、より無駄をなくすように段取りをして、定期的に飲み物を差し入れする位しかできないですが
いつでも一生懸命取り組んで頂き本当に感謝です(^-^)/


さてさて
いつもだとリフォームの完成事例をご紹介しているのですが今日のブログは少し様子をかえて、、、
当社が加盟している【ホームプロ】について書いてみようと思います。

1

みなさんがもしリフォームをしよう!とりあえず相談してみよう!と思ったらどうするでしょうか。
そうですね、今ならばまずはネットで”検索”という方が多いと思います。
【リフォーム】というキーワードで検索すると1ページ目の上位にだいたい出てくるのがこのホームプロです。
よく言うところのポータルサイトですねb
サイトがお客様を集客して、適切な工事会社を紹介して結びつける、というものです。

ここまではよくあるリフォームサイトであり、他にも星の数ほどあると思います。
ただこの ホームプロ 他のサイトとは一線を画すところがあるので常に上位にいつづけているんだと思います。

まず加盟会社の審査が厳しいんですね(*´~`*)b
一級建築士事務所】などの役所の認定を受けていることはもちろん、営業年数、売り上げなども全て書類でチェックされます。
また、最初だけでなく毎回決算書の提出などがあり、継続的に活動状況報告が必要なんです><

しかーも、表にはでない数字ですが、お客様対応ポイント、みたいなのがあって、クレームが入ったりすると減点されちゃいます。
そして一定以下になると応札制限など取引ができなくなってしまうんですね( ノД`)
逆に工事後のお客様評価で高い点数を頂くと表彰されたりします!
1つの工事が後につながっていくのでひとつひとつ丁寧に仕事をしていく必要があります。

でもその背景がよい緊張感となり、一生懸命よい工事をする一つの動機になるんですねb
もちろん根底にはお客様に喜んでもらいたい!という思いがあるのですが、
こういう<厳しい環境>というのが質の向上につながるのは間違いないようです。

正直他のリフォームサイトなども過去に検討してみたり、現在も加入したりしていますが、
実際ここまでしっかり管理できているサイトは他にないと思います。

出資がリクルートや東京・大阪ガスということもあり展開は全国に及び、加盟会社(工事会社)も1000くらいはあるはずです。
そんな中で当社は賞も頂いております(//>ω<)


2.jpg

去年はおかげさまで他からのご依頼も多く、あまりホームプロ活動ができませんでしたが、今年はその分も頑張っている最中です!
ただこのサイト、お客様から特定の工事会社へ依頼をすることはできない仕様となっております。
お客さまが手を上げて(入力)、その内容で対応できると思った会社がアプローチする、という仕組みなんですね!

なので当社にリフォームを相談してみたい!という方はこのホームページからご連絡下さいo(^▽^)o

と最後にちゃんと営業している西でした

それではみなさんごきげんようノシ
















NK総合建築株式会社のHPはコチラ
夏季休業のお知らせ。
<夏季休業のお知らせ>

2019年8月10日(土)~18日(日)

誠に勝手ながら
以上の期間を夏季休業とさせていただきます。

19日(月)より通常営業となります。

何卒宜しく御願い致します。
NK総合建築株式会社のHPはコチラ
■戸建■駐車場アプローチをつくりましょう
こんにちは
西です。

今年は雨がふりますねー
もう7月も半ばを過ぎましたがしぶとく降り続けますね。
ジメジメムシムシで過ごしづらいし、洗濯物も乾かないのでなんかいまいちですね(*`・з・´)

でもリフォームでいいますと、この時期から外回りのお仕事がけっこう増えてきますです。
梅雨で外壁が汚れてしまった、、雨漏りがしてきた、、なんていう方や、
雨除けのカーポートをつけよう!なんていう話もでてきたりします。
リフォームはデザインやリフレッシュの要望もありますが、このような機能的なことの方が動機づけとしては多いようです。

今回のご紹介は『戸建て住宅の外構の前面作り直し』です!

アプローチが駐車スペースと一体になってしまって狭い。
無駄に庭木が多いので手入れが大変。
土部分が多いので汚れる。
そもそもオシャレじゃない。
なんていう問題点を解決して素敵な【おうちの顔】にしましょうv(o゚∀゚o)v

工事前はこんな感じでした。
うっそうとする庭木群と玄関への動線とかぶる駐車スペース、、
門がないのでセキュリティ大丈夫?っていう感じです。
順番を追ってみていきましょう!

1施工前


まずは庭木を全て撤去しました。
重機を入れても2人で1日かかります。
大きい庭木は根も張っているのでけっこう大変でしたΣ(´Д`*)

2伐採後


次は解体です。
花壇部分のブロックを撤去して門柱立てや石張りをするコンクリート部分を壊します。
これは全て手作業です

3解体

解体が終わったらいよいよカーポートです。
柱を2本立てて、地面に深く入れます。
その廻りは大きくコンクリートで固めます。

4カーポート

以前花壇だった部分のR型を利用して、その一部を天然石張りにしました。
道路側の一部にはると素敵なアクセントになります。

5天然石

いろいろと準備が終わったのでコンクリートを打つ準備を始めます。
まずは地面を固めます。
砕石という細かい砂利を敷き詰めて、転圧機で押し固めていきます。
コンクリートの土台となる部分なのでここが大事!

6砕石

そしてコンクリートを流して籠手で均一に均しました。
この時点でかなりキレイですね!
コンクリートは固まる過程で収縮など変形するので何度も籠手で抑えることを繰り返します。
職人さんの腕が光る作業です。

7土間コン

玄関ポーチタイルの前のスペースには化粧インターロッキングをひきました。
公道の歩道や公園などにも使われるコンクリート床材ですが、家庭用に色付けしてある製品です。
少し石があせたような雰囲気がよいですねb

8アプローチ

入口門扉のよこにポストと、多少あくスペースには化粧(木調)の柱を立てました。
天然っぽいですがアルミ製なので腐食の心配もなく安心です。

9門柱


そして完成!!


10完成 (1)
10完成 (2)

かっこよくなりましたねー!

大き目のカーポートにしたので、車をおいてさらに自転車も入ってしまいます。
車の動線とアプローチの動線を完全に分けたので広く快適に通行できますね\(^o^)/

全行程でやく2週間位の工事でした。
素敵になったおうちの顔を楽しみながら、快適にお過ごしください(*´∀`人 ♪

それではまたノシ










NK総合建築株式会社のHPはコチラ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



電力使用状況&電気予報



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QR



カウンター